WordPressに目次を追加する(Simplicityテーマ)

いちいち自分で目次を作成をしようとしていましたが、少し調べたら自動生成できるWordPressのプラグインがあったので追加しました。

プラグインをインストール、有効化、設定を若干変更するだけで、自動的に目次が作成されます。是非一度試してみてください。

プラグイン「Table of Contents Plus」をインストールする。

WordPressにログインし、「ダッシュボード」-「プラグイン」-「新規追加」を選択します。

次に、「プラグインの検索」ボックスへ、[Table of Contents Plus]と入力します。

もし、同じような名前が出てきた時は、XXXX件の有効化済みに着目すれば良いです。その場合、一番多いいものを選択して、「インストール」します。

次の画面で表示される、「プラグインを有効化」をクリックします。これで利用する準備が整いました。

「Table of Contents Plus」のプラグインの設定を変更する。

「プラグイン」-「インストール済みプラグイン」を選択します。

「Table of Contents Plus」から「設定」を選択します。

すると、以下の設定画面が表示されます。

表示条件を「4つ以上見出しがある時」から「2つ以上見出しがある時」に変更します。これで、見出しが少ない場合でも、目次が表示されます。記事が長くない時は不要な方は「4つ以上見出しがある時」のままで良いと思います。

次に、以下のコンテンツタイプを自動挿入で、「post」にチェックを入れます。これにより、投稿に対する記事の場合、目次が追加されるようになります。私の場合、固定ページの場合は現時点で不要かなと思い、「page」のチェックを外しています。

あとは見出しですが、初期設定では、「Contents」になっているので、「目次」と変更したりすることが可能です。この辺りはお好みでしょう。

SEO的にも有利

調べていたらわかったのですが、目次を作成することによって、内部リンクが追加されることになり、SEO的にも有利だということがわかりました。

目次という読者目線の利点と、作者自身の利点が合わさっているので、目次を作成されることをお勧めします。

特に「Table of Contents Plus」は簡単に(自動的に)作成されるので、導入してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

フォローする